2017年04月24日

タケノコづくし

姑の実家から筍をもらったので、ぜいたくをしました。
タケノコごはん
姫皮、シジミ、アミエビ、ショウガ。

酢の物
姫皮、キュウリ、ミョウガ、ホウレンソウ、ホタテ缶。

タケノコのエビ乗せ山椒焼き
見たまんま。お好みで味噌をつけて。

タケノコとヒラメ、ゴルゴンゾーラの道明寺蒸し
タケノコ、ヒラメ、ゴルゴンゾーラ、道明寺粉、桜塩漬け。こないだ棚から発掘したフュメドポワソン缶を薄めて葛を引いて。

若竹汁
タケノコ、ワカメ

897DEC82-F6D8-4BE9-81A3-A5AD6911DE42.jpg

posted by 武水しぎの at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

イチゴジャム

庭でイチゴが野生化してます。
毎年5月は収穫とジャム作りに忙しい。
大鍋に3-4杯ジャムをたきます。


image-20130528232425.png

採ったイチゴは2時間ほど水につけます。
収穫のとき見落としてくっついてきてしまったアリやハサミムシやナメクジを追い出す。
あと、一見きれいに見えても傷んでる部分が水につけてる間にふやけてわかりやすくなるんです。


image-20130528233054.png


一晩砂糖に漬けます。
この時にペクチンも一緒に入れちゃいます。

レモン果汁入れて炊いてアク取りして。
炊くのはまぁ15-20分ぐらい。アクがあんまり出なくなったらおしまい。
火を止める直前にやはり野生化しているミントの葉をひとつまみかふたつまみ。


image-20130528233259.png

出来上がり。


posted by 武水しぎの at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

若ごぼうと牛肉の醤油炒め

若ごぼうはごぼうの茎の若いのです。
ごぼうですからお肉と合います。
というわけで、若ごぼうと牛肉を炒めてお醤油で煎り付けただけ。
ああ、書いてても生唾が…。

182.JPG

posted by 武水しぎの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

若ごぼうとコンビーフの炒めもの

すごーくいまさらなんですが。
若ごぼうの旬の時期に作った料理。

若ごぼう大好きです。
うちの地域の名産ですが、姑は隣の隣の県の出身なのでほとんど使いません。

なまり節と炊くのが定番ですが、ごぼうなので牛とよく合います。

@ 食べやすい大きさに若ごぼうを切る
A コンビーフと一緒に炒める。

味付け不要。単純だけどうまい!
砂糖をちょっとだけ入れてきんぴら風にするのもまたよし。

あ。それぞれの量は見合わせでね^^;
posted by 武水しぎの at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

山蕗の肉味噌のっけ豆腐

山フキが冷蔵庫にあった。
こないだ伯母から貰ったもの。

フキはよく、おこや(高野豆腐)と炊き合わせるのだけど、山フキは細いからなぁ。
キャラブキにしようかとも思ったけれど、佃煮系は家で余りまくっている。

と、いうわけで、「山フキの肉味噌のっけ豆腐」
8人分

1.焼き豆腐2丁を人数分に切り分け、水切りしておく。
2.山フキ1束を下茹でして。荒みじんに切る。
3.牛ミンチ100gと2.を炒め合わせる。
4.3.に味噌大さじ2杯、砂糖好みで入れて炒り混ぜ、味を調える。
5.1.の豆腐をフライパンで軽く焦げ目がつくまで焼く。
6.5.に4.をのっける。


大好評だったので、定番にします。
posted by 武水しぎの at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

母の日の料理

今日は母の日。

義母は命の洗濯に外出。
叔父叔母たちはヒィばばさまに、ご機嫌伺いに来宅。

ヒィばばさまのお相手は、親孝行の叔父さん叔母さんがしてくれはるので、私はのんびり縫い物したり、料理をしたり。

お寿司好きの義母のために、そして最近、「歯があかんようになった」義母のためにはりきって作りました!
……もちろん自分も好きなものを(笑)。


あさりと竹の子のお寿司
金目鯛の湯葉包み蒸し ずんだ入り

ダンナが「あさり食べたい」と言った。義母はお寿司が好きだ。冷蔵庫にはこないだもらった竹の子の水煮がある。

叔父叔母から金目鯛と、いっぱいえんどうをもらった。

おとといスーパーで、生湯葉が半額で見切り処分されてたのをゲットしていた。

と、いう事情。

<あさりと竹の子のお寿司>
1.あさり2パックを茹でて身をはずす。(茹で汁は、蒸し物に利用)
2.竹の子はスライス。
3.お米4合に1.、2.を入れて、3合分の水で炊く。
4.鮨酢を3.に合わせて、木の芽を散らす。


<金目鯛の湯葉包み蒸し ずんだ入り>
1.あさりの茹で汁でえんどう豆を茹でる。(茹で汁はあとで餡にする)
2.豆をあらくつぶしてずんだを作る。
3.3枚おろしにした金目鯛をさらに背側と腹側に分ける。
4.3.を二つ折にして、ずんだ、チマサンチュをはさむ。
5.生湯葉で4.を包む。
6.ラップして(と、いいつつラッピングが面倒なので別のお皿で蓋)2分間チーン!
7.1.の茹で汁の味を調え、片栗でくずをひいて餡を作り、6.にかける。

2.

posted by 武水しぎの at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

鯛の道明寺蒸し

うちは旧暦で雛祭りをする。
で、雛祭りメニューの一品として、どーしても作りたかったのだ。
だって、数年前に買った道明寺粉、なかなか使う機会がなくって!

全部電子レンジ調理でいけました。
レシピは8人分。

材料:道明寺粉200g、水300cc、鯛切り身(小)8切れ、キュウリ1本、手まり生麩8個、桜の塩漬け、生湯葉、片栗粉、だしパック、塩・醤油適宜。

1、道明寺粉と水を混ぜ、ラップをかけてチーン! 火が通るまで。だいたい4分ぐらい。ラップをかけたまま、手で触れる程度にさます。
2.器に鯛を入れ、1で包む。
3.2の回りに、8等分したキュウリ、手まり生麩を飾る。
4.てっぺんに桜の塩漬けを飾り、全体の半分ほどに湯葉を広げてかぶせる。
5.4にラップをして3分間チーン!
6.別途、だしパック、塩・醤油適宜&片栗で餡を作っておく。
7.5に6をかける。


もちもちした道明寺がおなかにずっしり。
なんとなく、白蒸しを食べてる気分です。
鯛は大好物ですよ〜。

posted by 武水しぎの at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

野蒜と鮭のパスタ

畑で野蒜をとったので、嬉しがって作成。
ホントはもうちょっと置いといたほうが、大きくなるんだけど。

1.千切りにした白菜と、荒みじんにした野蒜と、鮭フレーク、にんにく少々を軽くいため合わせる。
2.卵を割って1に入れてかき混ぜ、半熟ぐらいで火を止める。
3.ゆでたパスタにオリーブオイル、塩コショーで味付け。
4.パスタの上に2をもりつけてできあがり。
posted by 武水しぎの at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

春キャベツと野蒜のファルファッレ

あけさしのファルファッレがあった。
ナスの苗を植えようとしたら、畝にノビルが生えていた。
と、いうわけで思い立って作ってみた。
ちなみに8人分。

ファルファッレ 700g
サワークリーム 300cc
キャベツ 半玉
むきエビ 2パック
白ワイン 少々

1.ファルファッレをゆでる
2.1をゆでてるあいだに、千切りキャベツと白ワイン、エビを合わせ、フライパンで軽く蒸す。
3.2にサワークリームを投入。塩コショウで味付け。
4.3にゆであがったファルファッレを投入。

できあがり。娘に大好評。
「チョウチョのパスタまた作って〜!」
posted by 武水しぎの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

いかなごの釘煮

今年は不漁なのか、あまりいかなごがでまわらない。
季節が終わってしまうじゃねーか、とぶつぶつ言ってたら、今日ダイエーで見つけたのでゲット。
今年は2キロしかたけないなぁ。ふぅ。

私のレシピは、よく紹介されているものより、砂糖も醤油もかなり多い。
なぜかというに、飴がからまるような状態に仕上げるから。
そこらで売ってるのよりおいしい。

子どもの頃行ってたスイミングに、鍵の管理をしている「鍵のおっちゃん」という人がいて、なんでだったか忘れたが仲良くなって、毎年奥さんの炊かはった釘煮をもらった。
飴のからまった釘煮は、ホントに釘みたいだから釘煮と言うのだ、と教わった。
その懐かしの味である。

娘がその釘煮が大好物。
「おかーさん特製のいかなごちょーだい!」とばくばく食べてくれる。
シアワセ。
posted by 武水しぎの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。